今宵も二つの月の下

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ごあんない

おはなし置き場としてひっそりと開設。
二つの月が照らす大地での記憶です。

お話にはパスをかけています。
ごらんになりたい方は、うおみんメッセージ、もしくは直接お尋ね下さい。
 
スポンサーサイト
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

ナデシコ建築事務所 2

事務所に戻ると応接テーブルを囲んだ。
机の上には、希望やアイデアを書きとめたメモ。

「あの家、使ってないスペース多いってことだけど」
「そっすね・・2Fより上には、まず上がんないっすね。面倒で」
「だったら、行かない部分は要らないよね」
「ええええええ!!!」

テシオは目を丸くする

「あのねー、行かない部分も全部内装するとなったら・・大変だよー?」
「あ・・」
「全部ー、自分でやらないとなんでしょー?」

サラサは、手の込んだオブジェはほとんど使わず、全ての内装をテシオにさせるつもりらしい。
無論、置き位置は全てサラサが決める。
正直自分でやった方が遥かに簡単なはずだが、
デコツールすら持っていない内装オンチを仕込むにはスパルタしかないと決めたらしい。

*

翌朝、私は3つの案を作ってテシオに見せた。

石造りの重厚な砦のような家。
木造のアンティークな雰囲気の家。
砂岩作りの装飾的な家。

どれも庭を取り、平屋をベースに2Fや塔などが加えられたもの。
内装の手間を省くのも、もちろん理由の一つではある。
しかし、実際に『2Fより上にはまず上がらない』というテシオが、暮らしやすい家でもあるはずだ。


必要なのは・・・

・ギルメンが集える広い部屋。
・彼の装備をしまうセキュア部屋。
・生産キャラがいないので、生産部屋を作る必要はない。

つまりは大部屋1つに、小部屋1つで事足りる。
それプラス、動線の邪魔にならない程度の位置に
ちょっと遊びを効かせたスペースを置けば十分なはず。


テシオが選んだのは、石造りの砦風の建物だった。
左右に翼を広げたような造り、中央は2F建てで一部が吹き抜けになっている。
前庭は真っ直ぐな長方形に近い形状。

*

図面があっても慣れないテシオにカスタマイズは荷が重かったらしく
3回ほどやり直しながら、2時間ほどかかった。

「さぁ、休む暇はないわよ」
サラサはテシオに新品の内装ツールを握らせた。

*

「違うっ!! いい、もっかい西から東に動かして」
床に置いたベスパー式の椅子をテシオは言われたとおりに並べる。
「ね、そうしたら東を向いて座れるようになる。南を向いて座りたければ北から南へ、同じ原理」

基本から仕込むつもりのスパルタだ。

「あのさ、デコツールで回せば良くない?」
「ちょ、そんなことが出来るんっすか!?」
テシオが悲鳴のような声を上げた。
「できる・・けど、基本が出来なきゃ簡単にボロがでるよ
 箱を置く、なんてこともこれと同じ原理。APBを持ち返る時に何度も何度もやり直しただけで
 ああ、この人内装しない人だなぁって思われてるかもしれない」
サラサの基準は厳しい。まさに内装原理主義的な厳しさだ。

「まぁ、ちょっと一息つきなよ」
疲労困憊、といった様子のテシオを見かねて言った。
「ナデシコ~~」
「ほら、庭をみて」

庭を一望できる窓からは見事な庭が出来上がりつつあることが見て取れる。
テシオが息をのんで黙り込んだ。

庭の中央を真っ直ぐに、正面玄関に伸びる通路。
その真ん中には噴水。
通路は噴水の周りで広がっている。

その両脇は生垣で区切られた、かっちりとした庭。
形はきっちりとおなじに作られているが花が違っていた。
東には赤の色が鮮やかなポピー。
西は明るい黄色のオーフラー。
それを眺める位置には質素な木のベンチ。
しかし、これ所謂マジンシア瓦礫の高級品。
死ぬほど重いベンチを必死で荷ラマに積んだのだ。
50M、ただ貰うのはやはり気が引けたので成金チックにならない程度に
レアをちりばめていくことにしていた。
感謝させたいわけではないが、そのことも知らなくては会話にならないので
テシオにはキチンと説明した。

「よし、休んでる場合じゃないっすね。後で庭についても教えてください」
飽きずにボスを倒す、求道者のような情熱の一部は家造りに回ってくれたらしい。

タイムリミットまで、あと2日。
おはなし | コメント:0 | トラックバック:0 |

さて、いまさら語ってみようか(改

3ヶ月ぶりに近い更新でございます。

なぜか、中途でアップしちっゃててあわてて書き足してますよ!!もうどーしろと。

白竜戦争の間はもう、みなさんがんがん更新しまくってたので
却って、やめといた天邪鬼です。
で、その後は放心してましたしねえ。


先日。
当時の拠点に置き忘れていたものを思い出し、盟主とともに匪賊島へ。
そこには、あの日のままの拠点が残っていました。

セキュアには、なぜか権利書が入ったままで(あれって・・集計したのでは^^;
今すぐにでも出撃できそうな、まるで時間が止まったような空間で。

2009y06m15d_215804554.jpg

今にも船がやってきそうな、そんな空気が今も残っているんですよね。
だけど
視覚情報だけのはずなのに(あたしは重いので音楽・効果音を切ってます)
この拠点に積もった埃のにおいまでも感じられる気がして、
ちょっと切なくなったり。


なにせ、匪賊は戦が終われば会えない人たちばかり。
会ったときは・・・多分獲物と狩人の遭遇のはずで。

それなのに、この拠点に立っていると声が聞こえてくるような気がしてくる。

海からやってくる、海賊達の姿。
ふっと闇から姿を現す従者と曲者。
山賊の声、渡り鳥の声。

不思議なほどに、ずっと昔のことのように感じられるけれど
まだ、たった一ヶ月しかたっていないのだと、しみじみとする。



で。
忘れ物は、どうも別キャラでロックしたことが判明w
まぁ、たいしたものではないのでOKっっ。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

はやく人間になりたーい! 後編

多少間が開きましたが・・。
後編でございます!!

で。相変わらず長いです!!!

*前回までのおはなし
 突然思い立って人間転生クエストを開始したけろや、襲い掛かるモンスターをかいくぐり
 皆の前で、転生の儀式を完了させる・・


さて。
人間に生まれ変わったけろさん。
ひとつ、問題が発生・・。


Happy Birthday: 今気づいた
Happy Birthday: けろさん
Happy Birthday: ノーズボン

Flogstyle: だって。。。。
Flogstyle: エルフパンツだったから・・

Alicia: ぱっと見普通
Alicia: 実質変態

Flogstyle: ・・・・・
Alicia: けろさんらしくて
Alicia: いいと思うよ

Fei-She: また全裸でいけよ!
Alicia: でもさ
Alicia: 全裸よりも
Alicia: 今の方が変態指数は
Alicia: 高いと思うよ
Alicia: 全裸にはある種の
Alicia: 爽やかさがあるもの。

Crovax: ホコツスタイルはおしゃれだから
Crovax: ステータスだから

Flogstyle: おいらはもうあきたの!
Flogstyle: 裸は!

Fei-She: じゃあ
Fei-She: 新しい
Fei-She: 変態ルック
Fei-She: 開拓しようぜ

Happy Birthday: ホコツだよ
Flogstyle: ほこつは
Flogstyle: おおすぎるだろ!!!
Flogstyle: ムゲンHa!!

Happy Birthday: しょうがないよ
Happy Birthday: トラディショナルな
Happy Birthday: ファッションだからね

Flogstyle: しかも
Flogstyle: エセホコツ
Flogstyle: ばっかりだし!






で。

2009y04m19d_040152974.jpg

こうなりました。




Flogstyle: *ワタシハ彫像*

Fei-She: けろさん
Fei-She: それで行こうぜ

Flogstyle: *ワタシハ彫像*
Flogstyle: *ミスター彫像*

Fei-She: 横向いてー
Flogstyle: これは
Flogstyle: なんだろう

Fei-She: 一言で言うと
Fei-She: ヒーロー?
Happy Birthday: そこまでやっちゃうともう下半身まるだしとかが
Happy Birthday: どうでもよく
Happy Birthday: みえてくるよ

Crovax: 荘厳に見える気がする
Alicia: うん
Fei-She: 神々しい
Happy Birthday: すばらC
Fei-She: もうね
Fei-She: 紙だよ
Fei-She: 神
Fei-She: 神

Flogstyle: 紙製です
Alicia: HolyMageHokotu
Fei-She: よし
Fei-She: それでいこう

Fei-She: 決定
Crovax: Guardian Angel Statue (20年褒章)
Flogstyle: !!!
Alicia: えんじぇるw
Flogstyle: 20年褒章おいら?
Flogstyle: すっげー

Fei-She: それで
Fei-She: 外歩いたら
Fei-She: 目立ちまくり

Crovax: 注目度ナンバーワン
Flogstyle: やってやらあ



意気揚々とヘイブンに乗り込むエンジェルと仲間たち!!
そのとき既に午前3時ころ・・。



Crovax: 人がいない!!


そのとき、タウンクライヤーがひとこと

Osmond: 最新情報!
Osmond: ブリタニア城の『The Lord's Arms』近くに、クレイニンさんの慰霊碑が建てられたみたい…


Crovax: 慰霊碑に
Crovax: なってくればいいじゃん



そして、旅立つエンジェル一行。


2009y04m19d_040626086.jpg


Fei-She: なんかね
Fei-She: 歩いてる姿すら
Fei-She: 神々しい



そして、城に到着すると突然無言で歩き回るエンジェル。


Fei-She: なんだこりゃ
Fei-She: なにがしたいんだ

Crovax: シュールだ
Fei-She: 前衛舞台を見てる感じだな
Crovax: むしろ
Crovax: 暗黒舞踏



2009y04m19d_041237721.jpg


慰霊碑におまいりをしたエンジェルは突如王の間へ。
立ち尽くしたのち・・
まるで天啓のような雷に打たれ、城の床に倒れた。

立ち上がったのは、エンジェルではなく人間けろや!


Flogstyle: はっっ
Flogstyle: おいらはなにを?!
Flogstyle: !!!!
Flogstyle: だれだこいつ!!
Flogstyle: こ
Flogstyle: これが
Flogstyle: モウ一人のおいら!
Flogstyle: さようなら
Flogstyle: けろや・ざ・ほわいと・・・
Flogstyle: *クエストを達成しました*




2009y04m19d_042030150.jpg




人間転生のうらにはこんなドラマが!!
ということで、長い日記にお付き合いいただきありがとうございましたっっ
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

はやく人間になりたーい! 前編

最近やっと無限でも(ちょっとだけ)出歩くようになってきた今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は長いので、お時間と寛大な心があるときにご覧くださいませ><

先日、けろあぱ大家のけろさんが言い出しました。

Flogstyle: きめた
Flogstyle: 人間
Flogstyle: に
Flogstyle: もどる!

Crovax: 早く人間になりたい!
Crovax: ですか

Flogstyle: はやくにんげんに
Flogstyle: なりたーーい


Flogstyle: さっそく
Flogstyle: しらべてこよう・・・

Crovax: エルフから人間か
Crovax: クエストわかんないな


以前挫折したことのある私、どんな反応になるか、ワクテカしながら観察。


    ・ 
    ・
    ・ 
    ・
    ・ 
    ・




Flogstyle: やべえ
Flogstyle: 氷デーモン
Flogstyle: と
Flogstyle: いふりーと
Flogstyle: たおさないと
Flogstyle: いけないらすぃ


Crovax: いけるよ
Fei-She: 楽勝だろ
Flogstyle: えええ?
Flogstyle: おいら
Flogstyle: 生産だもの!!!

Fei-She: 魔道武器もって
Fei-She: なぐれ!


Flogstyle: むりむりむり
Flogstyle: ど
Flogstyle: どうすれば。。


Fei-She: 土エレだして
Fei-She: アタックでいいんじゃないか?

↑比較的まともな意見


Crovax: ラストアタックだけ
Crovax: とればいいんじゃないの?

↑可能であれば効率的な意見

Happy Birthday: 反射だ!
Happy Birthday: けろさん
Happy Birthday: 反射だ!

↑無茶な意見
(注・けろや氏は青エレもPKも反射で倒す、ミラーマンです)

Flogstyle: わかった
Flogstyle: とりあえず
Flogstyle: いってくる


Flogstyle: 15分
Flogstyle: やってやる!!!!
Flogstyle: 15分で人間に
Flogstyle: なってやんよ!!!!

↑キングオブ無茶

Fei-She: ついていこうか?

Crovax: 私も行きますか?

Flogstyle: おねがいします。
Flogstyle: 。。。
Flogstyle: おねがいします。。。。。。
Flogstyle: しにます。。。



そんなわけで、夜もいいだけ更けてから
けろさんと戦士2名、テイマー1名でクエストを進めます。
さすがに数の暴力、安定して敵を倒し・・・。

Flogstyle: わーい
Flogstyle: ありがとおお!!!!><


2009y04m19d_032956969.jpg







皆の前で嬉々として着衣を脱ぎ捨てて転生の儀式にのぞみ・・・・。









2009y04m19d_033148749.jpg


そんなわけで、無事人間に転生したわけです。
イフリートを倒す勇姿は、面白くないので割愛ですw


次回予告

無事、人間に生まれ変わったけろやにホコツの呪いが迫り来る!!
ケロヤザホワイトとはいったい何者なのか!?

次回、「けろや、呪われしバシネッツ」(嘘)でお会いしましょう。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。